赤ん坊の生き方

  • 赤ん坊の生き方 はコメントを受け付けていません。

この記事は2分で読めます

 

今日はお子様の誕生日です。
でも誕生会は大人の都合で土曜日にしちゃいました^^;

下のおチビはこれでやっと3歳ですが、
ホント、早く大人になって自立してほしいものです。

 

ところで、赤ちゃんの寝顔ってかなりマヌケじゃないです?

特に最初のころは鼻呼吸がまだまだなのでポカーンと口あけて、よだれ垂らして寝てますよね。

しかも、生後3か月を過ぎるとムッチムチのお肉タップタプです。

 

でもきっとご本人的には

「私寝顔ちょーブサイクだし(> <;)」とか

「ちょっとこのほっぺの肉、ヤバくない?」

なあんて微塵も思わないわけです。

 

何故でしょうね。

ある程度の年になってくると、
ヒトの目が気になって、

 

二重瞼になりたい

小顔になりたい

ウエストが細くなりたい

体重減らしたい

 

とか、いろんな欲望というか悩みを持つようになります。

 

もちろん、これは自分と他人が分化できたからこそとも言えますが、
誰かと比較して自分が “相対的に劣る” と思われる部分に悩むんですね。

 

そう、”相対的” なんですよ。

こういうことに絶対的な評価なんてないし、時代によっても変化する価値観です。

 

赤ちゃんはまだ自分だけの世界にしかいないので、
誰かと比較して悩むこともないし、
自分のやりたいように寝たい時に寝て、泣きたい時に泣きます。

 

だから赤ちゃんは「天使」と言われるのでしょうね。

 

起きているときは「悪魔」だと、私は思っていますけど^^;

 

もちろん、大人になったら社会の中で生きるわけなので
あまりにも逸脱したことをやると変人扱いですけど、
誰かと比べないで、自分らしく生きるべきだと思います。

でもそれを実行しようと思ったら、
時にはその他大勢が歩む敷かれたレールから飛び出すこともあるので、
その覚悟は必要ですけどね。

 

だけど、自分の人生。

自分で作ったレールの上を歩きたいと思いませんか?

  • 2013 04.22
  • 赤ん坊の生き方 はコメントを受け付けていません。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

コメントは利用できません。